猫が猫であるための規則第一号

昔からよく、

mikaちゃん、あんたは知らんことが多すぎるからね・・
自分では初耳でびっくりしたことでも、世間で言ったらそれって「常識」・・ってことがあるから、
びっくりしても、ちょっと頭で考えてから口にしなあかんよ。

と、言われたもんです。

「米寿のお祝い」 → 「ベイジュ(色)のお祝い」

だと思ってました。  60で赤だというので、88でベイジュなんだと思っていました。

今日、知りました。
*************************************


書いておかないと忘れちゃうので書きますが、独り言のようなものです。
読み飛ばしてください。


「ジェニイ」 ポール・ギャリコ

という本を読みました。 

この中で、猫が語ります。


”猫が猫であるための規則第一号”  

それは、”疑いが起きたら―身づくろいをすること”


何か過ちをしでかすとか
人に叱られたとか
足を滑らすとか
何かから落ちるとか
誰かから笑われるとか
誰かと議論をして負けるとか
自分が落ち着くまで敵対行為を一時中止したいと思ったときとか

とにかく、身づくろいをするの。

どんな猫でも、相手の猫が身づくろいをしている間は妨害しないものなの。
どんな事態になろうと、どんな難局にぶつかろうと
そのとき身づくろいをすれば、しくじることはないの。

私はどちらかといえば犬好き派で、
犬は可愛いな~♪なつくから可愛いな~~♪、と思っていた方ですが、


猫のあのいつも余裕な感じ、
しゃあしゃあとした感じ、
ツンとして、
ピンとした感じ、

言われてみればかっこいいです。

私にはできないから。

なるほど。 
何かが起こったらとりあえず落ち着く、そして、凛としていないさい

そういうことですよね。 猫に学びました。

見習います、猫を。


[PR]
Commented by mihana-ballett at 2008-09-16 08:01
コメントありがとうございます! 
ブログ見てくださってるんですね~うれしいです。

仲がいいとか悪いとか、気が合うとか合わないとか、私たちはいつもいろんな人に囲まれてるんですよね。 いろいろあって、凹むこともあれば、苛立つこともあるし、脱力して無気力のもなるし、よくわからないけど悲しかったり、逆にうれしかったり。 
自分に非がなくてもあるような気がして、凹んだりね。

友人で、何があっても「まあ、しょうがない、しょうがない。」といって、いやな想いはさっと水に流し、いつもの自分に戻れる人がいます。 
カッコいいなって思います。 
猫になる素質のある人ですね(笑)
  
>>どんな猫でも、相手の猫が身づくろいをしている間は妨害しないものなの。

これなかなか深いと思うんです。
余裕の相手を攻撃するのって相当な勇気がいるもんですよね。 頂いたコメントを読んで、私もがんばろうって思いました。




Commented by mihana-ballett at 2008-09-17 01:35
↑↑ 頂いたコメントを消してしまいました。。 
  
  は~~~、すいません!

悪気はないのです・・・ なんか、ポチッとやったら消えちゃいました。。><
これに懲りずに是非またコメントくださいね!
Commented at 2008-09-17 15:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mihana-ballett at 2008-09-18 08:16
はははっ ^O^ 
そうだったんですか~。

>機械音痴なんです
 でも、PC中毒なんです。

私もまっっったく同じです。
「あ~PCよ、ありがたい、ありがたい(ー。ー)」
と思う今日この頃です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mihana-ballett | 2008-09-13 09:47 | Comments(4)

mika先生のバレエレッスン日記


by mihana-ballett
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31