mika先生のバレエレッスン日記


by mihana-ballett
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フンデルトバッサー

残りの人生で大事な人と過ごせる時間は意外と少ない、というので、
お休みはほとんど旦那さんと過ごします。
我ながら毎回バレエと建築が融合された、なかなかよい遠足、または旅行だと思います。

AbensburgのHundertwasserの建物を見てきました。

f0168867_17201164.jpg
フンデルトバッサーはこんな絵を描く人なのですが、
ペリカンという建築家が、こんな空想の絵から図面を起こして現実の建物にしてしまうんです。

f0168867_17261701.jpg
f0168867_17283960.jpg

空想が空想ではなくなるってすごいことだと思います。
頭の中で描いたものが実現するのだから。

そして、それは必ず誰かとの出会いが必須なのもおもしろい。

叶えたい願いは口に出すようにしているけれど、
それを小耳に挟んでくれる人がいない無人島でつぶやいても駄目で、
やっぱり誰かの耳に入り、願いがかなう道筋ができる。
人との出会いは大事。


ちなみに、これはオーストリア。
ホテルになっているので中を堪能できます。
気に入りすぎて2回訪れました。

f0168867_17403179.jpg

フンデルトバッサーの前に、ドナウ川くだりをし、白ソーセージの缶詰も買うという、
ドイツビギナーな散策もこなしました。
だれも20年もドイツに住んでいるとは思わないので、ドイツ人にはめっきり優しくしてもらいました。
ドイツ人は旅行客には優しい、あくまで自論。

f0168867_17341441.jpg
f0168867_17364663.jpg

フンデルトバッサーの建物は世界中に散らばっているので、皆さんぜひ行ってみてくださいね。
日本にもあるよ。





[PR]
by mihana-ballett | 2017-06-14 17:43

キューバ

4月の旅行からずいぶん時間がたち、すっかり6月。
キューバに行った感想はさんざんレッスン中にしゃべりまくったので、ブログも書いたと思っていたら書いてなかった。。
昔は頻繁に書いていたのに、だんだん伝承形式なってきました。
私の人生の大事な1ページなので忘れぬうちに書きます。

トロントを出て、キューバはハバナへ。
飛行機をおりるとそこは灼熱。そしてスペイン語。

f0168867_03535414.jpg

飛行場を出て、とりあえずボーゼンとしていると、一台の見たこともないくらいボロ車が止まり、
どこ行くの?歩くのは無理だよ、乗せてあげるよ。(スペイン語のため、あくまで想像)
これは詐欺だ。
とりあえず断り、歩く。
着いてくる。
根負けする。
乗り込む。
窓全開。扉も何もかも外れて飛んでいきそうなほどぼろい旧ソ連の車ラーダ。
いくら請求されるか、予想してみる。

が、まさかの善意。
都会で疲れた頭は善意を理解できず、まだ詐欺だと思ってしまう。
でもほんとうに善意。
ちょうどいい場所でおろしてくれて、またねーと去っていったボロ車ラーダ。
どうやら、思ったより治安のいいところなのかもしれない。

f0168867_03575455.jpg
目の前には旧国会議事堂、斜め前には国立劇場。
最高の立地の「人の家」に泊まる。
キューバはほぼ全工程、民泊に挑戦。
キューバは住所がはっきりしないのでおそらくここかしら?程度でピンポンを押し、一部屋借りて泊まらせてもらう。

f0168867_04034318.jpg

この人のお宅に1泊。

街中ではさっそく子供たちが踊ってる。
音楽が聞こえてきては誰かが踊っているの繰り返し。

f0168867_04055658.jpg

Escuela Nacional de Ballet de Cuba キューバ国立バレエ学校もすぐそばに。
中に入りたいとお願いする。
もちろん無理。
バレエのTシャツを着ている、バレエのかばんも持ってる、バレエのノートを持ってる、目がきらきらしている、
そんな日本人がここにいる。
というわけで、明日ならいいわ、そう担当者に言われハイテンション。

f0168867_04081019.jpg
f0168867_04120436.jpg

木のサッシがとりあえずモロモロになって崩れている。
窓なんてはめてもすぐ壊れちゃう。
というわけで全館窓なし!
The開けっ放し!!
変に開放感があって気持ちがいい笑
オープンエアで踊っている感じ。

f0168867_04145227.jpg


f0168867_04163764.jpg
f0168867_04251200.jpg

バレエは現地人なら劇場で30円ほどで見ることができる。
安い、もちろん安いけれど、この暮らしぶりの中で、バレエを見に行こう、劇場に行こう、
そんな風に思えること自体がすごいことだと思う。

f0168867_04335653.jpg


f0168867_04183647.jpg
あちこちに水の配給の車が止まっている。
上水も来ていない家があるということだよね。
それでもそこには文化があり、人が行きかい、人の笑顔があり、会話があり、
野良犬が走って、野良猫も寝ている。
インターネットもできないのでスマホなんて必要ない。
スマホを見なくてすむ一日は、なぜか心も体も開放される。
人との会話だけで十分満足できる。
ここまで過ぎて、キューバに来てまだ1日。
キューバ滞在はあと6日ある。
濃い。

f0168867_04383265.jpg
タクシーを呼んだつもりが馬が来た。
それもまたキューバ。

1日にして来てよかった!感100パーセント。
満足度100パーセント。


明日はサンタクララへ移動!


[PR]
by mihana-ballett | 2017-06-12 04:40