mika先生のバレエレッスン日記


by mihana-ballett
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

80%

少し気が早いですが、冬休みのお知らせです。

12月のレッスンは3週目までですので、お月謝も3週目までのお値段になります。


072.gif冬休み  12月22日~1月11日072.gif

年明け最初のレッスンは
ベルリン教室 
1月12日(月) Bellevue教室 通常通り

フランクフルト教室 
1月14日(水) 時間帯は通常通り、場所はBallettschule Ricarda です。 


今年最後のレッスン、楽しんでいきましょう!
そして、週2レッスンが始まる子供たち、がんばりましょうね!



*************************************

分析上手な友人に言わせると、私は80%の女なんだそうな。
「なんに対しても80%しか心血をそそがない生き方をしている」ように見えると。

80%の力で何かをこなし、
うまくいったら、
「80%しかがんばっていないのに結構うまく行った!003.gif」と喜び、
失敗したら、
「80%しかがんばっていないのだから、そりゃ仕方ないね。026.gif」とあっさりあきらめ、

どっちに転んでも大泣きしないように生きていると。

ほしい物も、見たいものも、行きたい所も、
その情熱は80%。 それが手に入らなくても、見られなくても、行けなくても、
「じゃ、他のでもいいよ。」とあきらめられるくらいの欲しかないと。

人の話は80%しか聞いていない。

片付けも掃除も80%ほど済んだらやめてしまう。

化粧水も、シャンプーも、ボールペンも、リップも80%ほど使ったら、使い終わらないうちに新しいものを開けてしまう。

本もドラマも80%ほど見たら、最後を見なくても満足してしまう。

私がこんなふうなので、私の周りにはのような人が多いです。
120%くらいの力でぶち当たって、大成功か、こっぱミジンコのどちらか。
大喜びか003.gif、大泣き007.gifのどちらか。
私のこの80%の生き方が気になってしょうがない。
気に障ってしょうがない。
みんな一生懸命世話を焼いてくれ、説教もしてくれる。
「スパーンッと100%でがんばらんかい!031.gif066.gifと。

私が80%しか聞いていないのを知りながら。。 


いやはや。。すまんね。026.gif


[PR]
by mihana-ballett | 2008-11-30 01:21

距離と時間

今週より通常通り、
Frankfurter Frauenschule での水曜日レッスンです! 
お間違えのないように!!

*********************************

昔は「遠い」というと「距離」だったと言います。

今は「時間」だそうです。

つまり、「目的地までどのくらい時間がかかるか」、

これが遠いか近いかを決める基準になると。


たとえば、ベルリンからフランクフルトまで500Km、

ICEで4時間半、でも、日本の新幹線で行けるとしたらたったの2時間。

4時間半と2時間、距離は同じでもグッと近い感じがしますね。


遠く感じるか、近く感じるか、
それを決めるのには、距離と時間、
そして、実はもう一つ、「そこに待っているもの」もあるんじゃないかと思います。

よく通うよね、フランクフルトまでなんて!
体力がよく続くよね。

とよく言われるのですが、

それは、その人にとってフランクフルトというところが別に特別な場所ではないからだと思います。 その人にとっては、そこに待っている何かがないからだと思います。

目的地に自分の求めるものがあるならば、どうしてもそこに行きたい理由があるならば、
そこまでの距離がどんなに遠かろうと、時間がどんなにかかろうと、
人って全く気にしないものじゃないかなって思います。


どうしてもほしい服があるとき、
どうしても行ってみたいデパートがあるとき、
どうしても会いたい人がいるとき、
「どうしても会いたい」と言ってくれる人がいるとき、
どうしても見たい舞台があるとき、
絶対そこでしか実現できないことがあるとき、

そんなとき、たとえそこまで4時間半かかっても、たとえそれが500Kmむこうであっても、

行きますよね。  

喜びに近いかなと思います。

どうでしょう??






[PR]
by mihana-ballett | 2008-11-19 06:27

ガネーシャ的父の教え

f0168867_0535382.gif
ドラマ「夢をかなえるゾウ」 → 公式サイト
神様であるガネーシャが、夢をかなえるために必要なことを、関西弁で教えてくれます。


小栗旬の方のスペシャル版を見ました。
なかなか面白かったです。 関西弁なので、妙に説得力がありました。
このゾウの神様ガネーシャがとても父に似ています。

たとえば、父とお好み焼きを食べに行くと(→風月のお好み焼きが好きです010.gif)


夢はな、好きなだけ追ったらええねん。
でもな、夢に追われたらあかんで。

こうならなあかん  こうしなあかん
こうでなければあかん

誰がそんなん決めたん?

追って追って なんぼでも追ったらええ
でも、何かに追われたらあかん。
そんな必要全然ないねん。

ついでにな、アンタには帰ってこれる家があるんやで。
こらあかんわ、そう思ったら逃げて帰ってこれる家があるんやで。

そう思ったら、今立ちはだかってる壁なんてたいしたことないやろ?

ということや、ほな、がんばり。


とこんな話をし、ひとしきり言い終えると、ビールを片手にしばらく黙り、
酔っているので、この後、何度か同じ話をリピートする父でした。

最後の方は、
「夢はな、・・・・・」
「追ってもええけど、追われたらあかんのやろ?029.gif
「お~~~、わかっとるなムスメ!049.gif
そんな会話になっていました。

人を励まし続けるというのは、とってもエネルギーが要ることです。
そのエネルギーが常にあふれている人たち、私はすごいなあと思います。


[PR]
by mihana-ballett | 2008-11-16 01:14
フランクフルト教室  子供 基礎&初級クラスの保護者の皆様


本日、週2回レッスンの詳細のプリントをお配りしました。

急いで作ったため、わかりにくかったのではないでしょうか??

034.gif週2レッスン スケジュールとお月謝のお知らせ

に記載されている料金は、週2レッスンの通常のお月謝です。


034.gif12月のスケジュール

に記載されているお値段は、12月のお月謝です。

12月は冬休みに入り3週目までしかレッスンがないため、少しお安くなっています。



運営費は含まれています。

ご質問等がある場合はメールでお知らせくださいね。

[PR]
by mihana-ballett | 2008-11-14 10:15

きれいですね☆




[PR]
by mihana-ballett | 2008-11-09 07:50
他教室Ballettschule Ricardaでのレッスンが無事終わりました。

すでに当日、朝から道に迷い半泣きだったので007.gif、一気に不安にかられた私ですが、いざレッスンが始まってみると、とっても集中できるよいスタジオで気持ちよい一日が過ごせました。

皆さんどう思われましたか?

少なくとも子供たちは喜んでくれていました060.gif003.gif060.gif

そして、今日、教室の持ち主のリカルダがやたらレッスンを見に来るなと思っていたら、帰りに呼ばれ、

deine schulerinen sind so dizipiriniert & respektvoll!!

あなたの生徒はとっても行儀がよくて規律正しくてびっくりしたわ!
先生に対してちゃんと敬意を払っていて、本当にすばらしいと思うわ


と言っていただきました。

皆さんのおかげで一気に私たちへの信用が高まったようです。
これからも快くスタジオを貸していただけそうです。

072.gifありがとうございました!001.gif072.gif

さてさて、

今週金曜日までの占いで、みずがめ座は

もうじき希望に満ちたできごとが起こるでしょう。

と書かれていました。

思い返してみて、「希望に満ちたこと」と大げさにうたうほどのことは起こらなかったように思えたんですが、

今日のリカルダのこの言葉、これがそうだったんじゃないかなと思います。071.gif

来週も同じくリカルダのスタジオです!

楽しくレッスンしましょうね!!
060.gif060.gif


[PR]
by mihana-ballett | 2008-11-08 09:43
11月ですね。 
秋ですね、と言いたいところですが、すっかり真っ暗の冬ですね。

フランクフルト教室の皆さん、11月の1&2週目はお教室が違うので、お間違えのないようにお願いします! 

11月6日(木)&13日(木)はBallettschule Ricardaです。


不慣れな教室ですのでどうなることやら・・ですが、シャキッとがんばります066.gif

今月もよろしくお願いします!


*************************************

日曜日、シュツットガルトに行ってきました。

6時間近くかかりました・・いやぁ、遠いですね。。

7,8年ぶりでした。

ドイツのいいところというのか、よくないところというのか、改装したり、建て直したりはあっても、基本的に何年経っても町並みって変わらないんですよね。 
私がそこを去ったあの日と同じ姿で、あの日のままにすべてがありました。

それは私のココロにとって、安心でもあり、痛みでもありました。

過ぎ去った時間なら、はっきりと「過ぎ去ったのだ」と私に言い聞かせてくれた方が、楽です。

f0168867_9154757.jpg

もちろん、先生にも会いました。

町並みと同じくらい、全く変わらない先生がいました。

本当は、少し怒ってもらいたくて行きました。

しっかりしなさいよ! そんなんでどうするの、あんた! と、

叱咤してほしかったのですが、

もう怒ってはくれません。
私はもう大人だから。。なんですね。

怒ってくれる人がいる、これも子供の特権だなあ、なんて思っちゃいました。001.gif

f0168867_926699.jpg


今、一瞬、昔に戻してくれるというなら、

一番怒られて、一番泣いた、このシュツットガルト時代に戻りたいです。










[PR]
by mihana-ballett | 2008-11-05 09:31