mika先生のバレエレッスン日記


by mihana-ballett
カレンダー

<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「花 」 森山直太郎




花のように 花のように

ただそこに咲くだけで美しくあれ

人はみな 人はみな

大地を強く踏みしめて

それぞれの花 心に宿す



[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-30 05:37 | Comments(0)
ベルリン国立バレエ団の「ジゼル」に誘っていただきました。

今までベルリンで見た中で、一番感動しました。
見ている側が、それが演技であるのが、現実であるのかわからなくなってしまうくらいでした。

奇跡に近いくらい完成度が高く、観客と舞台が一つになって、異常な興奮に包まれていました。

昨日がプレミエでしたので、それも影響したのかもしれませんね。

10月2,5,9,14,15日にまだ見ることができます。

個人的には、サイダコヴァさんのジゼルをオススメします・・!

カーテンコールで憔悴しきった顔のマラーホフ、まだ現実に戻ってきていないマラーホフ。
踊りきってスッキリのサイダコヴァ。
対照的でした。

やっぱり男の人の方が単純で純粋だ・・と感じました。037.gif

他の見方をすれば、

好きだといいながらもジゼルを裏切った役のマラーホフは「許された」方
裏切られたけれども、彼を憎みきれず、許して彼を守り通したジゼル役のサイダコヴァ。

許された方は苦しい

許した方は心が軽くなる

そんな感じがしました。

f0168867_22421171.jpg


072.gif「ジゼル」 あらすじ
第1幕
身体の弱い踊りの好きな村娘、ジゼル。 アルブレヒトは貴族である身分を隠し、名をロイスと偽って彼女に近づく。ふたりは想いを通わせ、愛を誓い合う。 ジゼルに恋する村の青年ヒラリオンには面白くない。 彼はアルブレヒトが普段の衣装や剣をしまう小屋を見つけ、村の青年ではないことを暴く。

ある時、ジゼルの村に貴族が狩の途中に立ち寄ると言う。 そこに現れたのは、アルブレヒトの婚約者、バチルダだった。 村娘ジゼルとバチルダはとても仲がよくなる。 その後、ヒラリオンが持ち出した剣によりアルブレヒトの身分が暴かれるが、アルブレヒトはそんなわけはないと、混乱するジゼルをなだめる。 しかしヒラリオンは更にバチルダと公爵を連れてきてしまい、もはや貴族であるということをごまかしようのなくなったアルブレヒトは公爵に礼を取り、バチルダの手にキスをする。 それを見たジゼルはだまされたと思い、気が動転し、髪を振り乱して錯乱する。 体の弱いジゼルは母であるベルダの腕の中で息絶えてしまう。 ヒラリオンとアルブレヒトは互いを責め合うが、村人たちやベルタに追い出されるようにアルブレヒトが退場する。

第2幕
森の沼のほとりの墓場。ここでは結婚を前に亡くなった処女の精霊・ウィリーたちが集まる場所。 ウィリーは夜中に迷い込んできた人(或いは裏切った男とも)を死ぬまで踊らせる。

ジゼルはウィリーの女王ミルタによってウィリーの仲間に迎え入れられる。

ジゼルの墓に許しを請いにやってきたヒラリオンは鬼火に追い立てられる。 ウィリーたちがヒラリオンを追う間、ジゼルを失った悲しみと悔恨にくれるアルブレヒトが彼女の墓を訪れ、亡霊となったジゼルと再会する。

ヒラリオンはウィリーたちに捕らえられ命乞いをするが、ミルタは冷たく突き放し死の沼に突き落とす。ミルタはアルブレヒトをも捕らえ死に追いやろうとする。アルブレヒトが最後の力を振り絞り踊るとき、朝の鐘が鳴り、ウィリーたちは墓に戻っていく。

あるブレヒトの無事を確認したジゼルは朝の光を浴び、アルブレヒトに別れをつげて消えていくのであった。


***************072.gif****072.gif************

私がバレエを始めるきっかけとなったのは、バリシニコフの映画「Dancer」でした。

バレエダンサーであるバリシニコフと、最近引退してしまったアレキサンドラ・フェリ「ジゼル」の映画でした。 それまでバレエなんて見たこともなかったのですが、これを見て衝撃を受けました。 フェリのジゼルに衝撃を受けたのかと思いきや、バリシニコフの方です。 ジゼル役がフェリだったと知ったのは、もっとずっと後のことでした。 





むかしは、バリシニコフ
パトリック・ドュポンなど、筋肉質で、回って回って、跳んで飛んでの男!という感じのダンサーが多かったのですが、そういうダンサーは最近めっきり少なくなりましたね。 マラーホフが出てきたときは、衝撃でした。 「女の子よりきれいな男の子」、誰もがそう言っていたような気がします。 いまでは、マラー方のような男性ダンサーのほうが主になっていますね。 どっちが好きかは好みですが。

バレエ映画もたくさんあります。

機会があれば見てみてくださいね。



[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-29 22:39 | Comments(3)
⇒大盛況のうちに終了したようです!024.gif
 ブログを見て足を運んでくださった方が多かったと聞いて、うれしかったで~す!


フランクフルトの皆様 056.gif

昨日お教室にも掲示されてありましたが、フリーマケットがあるようですよ。

064.gifフリーマーケット064.gif開催のお知らせ

日時 9月26日(金)&27日(土) 
    10時~17時

場所 Gaststätte "Felsenstüble"
    Niederurseler Landstr 166
    (ひまわりマート隣りの隣り)


26日は手作りケーキ、メロンパンも販売!

27日はスシグルメさんのお寿司も販売!




[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-25 16:16 | Comments(0)
最近、とてもとても忙しいのですが、日曜日、久々にゆっくり過ごせました。

ダラダラして、長電話して、おいしいものを食べて。

f0168867_0185675.jpg

     
もし本当にコピーロボットがあったら、023.gif

どうするだろう・・

たぶん、

わたしは仕事に行って、

私のコピーに、
好きなだけ家でダラダラして、好きなだけ長電話して、好きなだけおいしいものを食べてもらうかな。

教える楽しみと072.gif踊る楽しみ072.gifは私が味わいたいから。 001.gif

教える大変さと、踊りぬくつらさも私が味わいたいから。001.gif

家でゆっくりしててよ、コピーさん。



**コピーロボット**
パーマン達が活動する間、留守のアリバイとして身代わりに使うロボット。通称:コピー。ただし『小学三年生』(1966年12月号)初出掲載時にのみ、「ソックリロボット」という名称。普段は黒い鼻しか付いていない、のっぺらぼうの白っぽい(幾つかのカラーバリエーションがある)人形だが、その鼻を押すことで押した人間や動物そっくりのコピーになり、記憶も引き継がれる。

[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-24 00:21 | Comments(0)
ベルリン教室

土曜日 9時から Bellevue教室
大人・ゼロからバレエ!クラス
が始まります。


初級クラスと名乗りつつ、「子供のときバレエをしていました」という方が中心で、全くゼロからのクラスではない・・ということで、ま~~ったくバレエ初めての方だけのクラスを新設いたします。

土曜の9時からと、朝早いですが、午前中のうちに終わるため、土曜日が一日無駄になることがありません060.gif 参加されたい方はご連絡くださいね。

すでに参加されたい方がいるため、今週の土曜日からはじめます!

 

***************************************
f0168867_7223449.jpg


宇宙はちっとも遠くない。
車でまっすぐ上にいけるとしたら、ほんの一時間で到着してしまう。
(イギリス人天文学者 フレッド・ホイル卿)


前回の日記、「平凡の中に宝石を見つける」に共感してくださる方が多かったので、とっても驚きました。

似たような事になりますが、たとえば、

宇宙は遠いよね、すっごく遠い。 行けるわけがない、行ってみたいけれど・・・
そう思っている私に、

遠くないよ、ほら、車でま~っすぐスポーンと上に突っ切れるとしたらさ、
ほんの一時間で着いちゃうよ。


こんなふうに考えられる人に出会ったら、救われるだろうなあと思います。

「できない」と思っていたことが、
フフフッ037.gif、ありえないよ037.gif、と笑いつつも、
「できるのかもね」と思えたことで、きっと気持ちが軽くなります。



f0168867_6122934.jpg


そうだ、

宇宙や空でふと思いました。


男の人というのは、誰もが少なからずロマンチストだと思います。
女の人は、相手次第でロマンチストにもなれる・・違いますか?!011.gif

男の人は自然相手に何かを表現するのがとってもうまいです。
空に憧れるのも、そこに何かを感じるのも、男の人のほうが熱いんじゃないでしょうか。

たとえば・・・

女性は時間の思い出に、記念写真をたくさん撮ります。
男性は、その時間自体を写し撮ろうと、風景や建物、暮れゆく空や、流れる水を撮ります。

フレッド・ホイル卿も天文学者、空に魅せられた人でしょう?
サン・テグジュペリもパイロットだったと聞いています。
彼の、「愛とは互いに見詰め合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである」
という言葉、私は大好きです。

またまた長いひとりごとでした。



[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-22 07:16 | Comments(2)
f0168867_5371773.jpg

                   <桜> 花言葉 優れた美人

桜の花というものは枝をもいで見るとよく判るが
みんな下を向いて咲いている
なんて景気の悪い花だろう

それに気立てもよくないじゃないか
百年この方、いや百年どころかもっともっと遠い昔から、
この花は名だたる文人墨客たちに誉めそやされてきたのである
それなのに、まだ下を向いて咲きやがる
謙虚も度が過ぎればいやみだということを知らないんだ。


宮部みゆきの「ぼんくら」の中で、天邪鬼(あまのじゃく)な主人公が漏らした言葉なのですが、この言葉に、周りの皆は、

「桜を嫌いなどという人がこの世におろうか・・偏屈にもほどがある。021.gif

と半ばあきれるのですが、私はこういうちょっと変わった見方をする人が結構好きです。 一つの物をいろんな方向から見れるということは、物事を柔軟に受け止められるということかなって思います。 

たとえ、他の人から見たらネガテイブなことであっても、「いや、そうとも限らないよ~」と、考えられるということでしょ? そういう人っていいなと思います。

きれいだね~と言っている横で、「でもさあ、考えても見てよ、いやな花だよね・・」と語り始められた日には閉口しますが044.gif、そんな人がいても楽しいですよね。 
なんにしろ、自分と違った考え方をする人に出合うっていうのは貴重です。 

023.gif平凡の中に宝石を見つける

そういえば、昔の私のテーマでした。


[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-19 05:53 | Comments(3)
急に寒くなりましたね・・急すぎますよね。
ベルリンは今朝、5℃だったといいます。 
フランクフルトはどうだったんでしょう?


いつか引き継いでほしいという子供クラスの代行を行いました。
8歳~10歳のドイツ人の子供たち。
可愛かったです。
f0168867_6422914.jpg

昨年夏のオープンエアーの舞台。
私はアシスタントだったのですが、一年見ない間にずいぶんバレリーナになっていました。

ドイツ人でも、日本人でも、

子供を教えていて一番うれしい瞬間は、クラスが終わったときの、

「えっ? もう終わりなの? もう一時間経ったの?」

と、この言葉。

きゅ~~~っとなります。 

明日はフランクフルトです。

子供たちに会うのが楽しみになってきました。037.gif


[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-17 06:53 | Comments(0)
f0168867_2172956.jpg

       ↑↑ 中秋の名月(9月14日)

9月15日、今日は日本は祝日だということで、
「何の日?何のお休み??」と、ひとしきり聞きあいましたが、結論がでませんでしたね。 003.gif

こういう時は、そくGooglさんに聞くのです。

敬老の日 でした~!

年寄りの日
1963(昭和38)年までの名称。
「としより」という名称はひどいということで、「老人の日」に改められた。

  ↓
老人の日
1964(昭和39)年から1965(昭和40)年までの名称。1966(昭和41)年からは国民の祝日「敬老の日」となった。
  ↓
敬老の日
「祝日法」の改正により、2003(平成15)年から9月第3月曜日に変更された。

ということです。

ついでに、
毎日が記念日! ~今日は何の日~
というので9月15日を見ると、

ひじきの日
日本ひじき協会が制定。
「敬老の日」に因み、昔からひじきを食べると長生きをすると言われていることから。

無理矢理、「敬老の日」にちなんでしまった「日本ひじき協会」はすごいです。

ついでに、


毎月15日は、
お菓子の日
中華の日
レンタルビデオの日
いちごの日
水天の縁日
妙見の縁日
ひよ子の日

003.gif スーパーの広告のうたい文句のようですね。



[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-16 02:54 | Comments(0)
f0168867_6521649.jpg


ハンブルグに行ってきました。
例のごとく、スタジオに缶詰め状態だったので全く観光もできずでしたが。。

ヴィクトリアはロシア人の素敵なバレリーナであり、すばらしいバレエ教師です。
なかなか会う機会はないのですが、会うとなかなか刺激的です。

彼女のレッスンはそれは厳しく、基本的に才能のない子は見捨てるタイプの手荒さだったのですが、久しぶりに会った彼女は少しやわらかくなっていました。 
1レッスンの間に全員の子供の名前を呼ぶように心がけている様が見えたり、休み時間に声をかけて回っている姿はかなり新鮮でした。

ところで、
ヨーロッパに留学したいと言う子供たちは年々増えています。
ドイツの学校に入りたいので、橋渡しをおねがいします!というご連絡もよくあるので、

「ヴィクトリア、今、子供をドイツのバレエ学校に入れるとしたらどこの学校が一番いいと思う?」

と聞いてみると、

「う~ん、ドイツ以外にしたら?というか、うまくなりたいなら日本の学校に入れるのが一番だと思うけど? ものすごくいいレッスン積んできてるじゃない、日本の子は。」

と言われました。 005.gif

他の方にも聞くのですが、この答え意外に多いんですよね。

しかも、この夏私は日本に帰って思ったもんです、

「日本のレッスンはレベルが高い・・日本でだったら必ずうまくなるな。 
 日本でレッスンしたいなあ。」

って。 

でも、留学はですからね。 
「海外でバレエを習う」、それ自体にそれほど意味はなくても、そこに夢が絡んでくると、人は一生懸命になるし、輝くし、上達すると思います。 
苦労もするし、どん底にもなります。
自信もつくし、強くもなれます。
そういうところから人はいろんなことを学んで、バレエに色をつけて帰って来るんだと思います。

みんなの夢叶うといいね。003.gif060.gif

f0168867_15531928.jpg


***************************************

ベルリンの皆さん♪

10月、マリンスキ―劇場がドイチュオパーに来ますよ。
演目は「白鳥の湖」「海賊」です。


チケットが・・・
一番安い席でもまだあるというのです。。 あまっていると。。
全く・・ベルリン市民はどうしちゃったんでしょう。015.gif
一流のバレエを見たいと思わないのかしら。。
めったに見られないのに。
日本だったら即・完売なのに。
日本だったらものすごく高いのに。

お時間ある方は是非見に行ってくださいね~。










[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-15 07:45 | Comments(3)
昔からよく、

mikaちゃん、あんたは知らんことが多すぎるからね・・
自分では初耳でびっくりしたことでも、世間で言ったらそれって「常識」・・ってことがあるから、
びっくりしても、ちょっと頭で考えてから口にしなあかんよ。

と、言われたもんです。

「米寿のお祝い」 → 「ベイジュ(色)のお祝い」

だと思ってました。  60で赤だというので、88でベイジュなんだと思っていました。

今日、知りました。
*************************************


書いておかないと忘れちゃうので書きますが、独り言のようなものです。
読み飛ばしてください。


「ジェニイ」 ポール・ギャリコ

という本を読みました。 

この中で、猫が語ります。


”猫が猫であるための規則第一号”  

それは、”疑いが起きたら―身づくろいをすること”


何か過ちをしでかすとか
人に叱られたとか
足を滑らすとか
何かから落ちるとか
誰かから笑われるとか
誰かと議論をして負けるとか
自分が落ち着くまで敵対行為を一時中止したいと思ったときとか

とにかく、身づくろいをするの。

どんな猫でも、相手の猫が身づくろいをしている間は妨害しないものなの。
どんな事態になろうと、どんな難局にぶつかろうと
そのとき身づくろいをすれば、しくじることはないの。

私はどちらかといえば犬好き派で、
犬は可愛いな~♪なつくから可愛いな~~♪、と思っていた方ですが、


猫のあのいつも余裕な感じ、
しゃあしゃあとした感じ、
ツンとして、
ピンとした感じ、

言われてみればかっこいいです。

私にはできないから。

なるほど。 
何かが起こったらとりあえず落ち着く、そして、凛としていないさい

そういうことですよね。 猫に学びました。

見習います、猫を。


[PR]
by mihana-ballett | 2008-09-13 09:47 | Comments(4)